薬

最近、薬局で購入することや病院で処方されることもある先発医薬品ではないジェネリック医薬品が増えてきています。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品の後に作られた医薬品で同じ成分で作られている先発医薬品に比べてだいぶ安く手に入れることができます。
安いと怪しいように思われがちですが、安い理由は元々ある医薬品と同じ成分や製法で作るだけなので研究費や開発費がかからないからです。
このようなジェネリック医薬品は、頭痛薬・胃薬から薄毛の進行を抑制するための薬まで様々の種類が作られています。
様々な薬の中から当サイトでは、男性型脱毛症に効果のあるフィンペシアについてご紹介します。

フィンペシアは、男性型脱毛症である通称「AGA」にとても効果があると言われている「プロペシア」のジェネリック医薬品です。
プロペシアと同じくAGAにとても効く「フィナステリド」を成分として含んでいます。
フィナステリドは「日本皮膚科学会」で一番効果の高い成分の1つだと評価されています。

フィンペシアはとてもAGAに効果がありますが、服用することで副作用もあります。
フィンペシアの先発医薬品であるプロペシアと同じ副作用がありますが、副作用といっても日常生活にかなりの負担がかかるような重いものではありません。
副作用として、性欲が減ってしまう・勃起しにくくなる・精子の減少などと男性機能が少し低下してしまいます。
なぜ、男性機能が低下してしまうかというとAGAになってしまう原因は「男性ホルモン」にあるからなのです。男性ホルモンが多いと薄毛を進行してしまうためです。
薄毛の進行を抑制するためには男性ホルモンを抑える必要があるので、その影響で副作用として男性機能が低下してしまうのです。
また、副作用である男性機能の低下は必ずなってしまうものではなく、先入観から来る自覚症状ではないかと言われいます。
フィンペシアには、発がん性物質が使われているという妙な噂が一時期たっていましたが、そのような物質は使われていないので安心して下さい。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930